メニュー

腹膜透析について

腹膜透析とは

腹腔内に透析液を入れて、一定時間ためている間に腹膜を介して血液中のいらなくなった老廃物や水分を透析液に移行させます。その後汚れた透析液をお腹から出して、血液をきれいにする方法です。

腹膜透析の長所

(医学面)

1.残存腎機能が保持される。

2.体液の恒常性が保たれる。

3.不均衡症候群などが起こらない。

4.カリウムの制限が緩和される。

5.血圧の変動が少なく心臓への負担が少ない。

(社会面)

1.自由度の高い生活が可能。(・在宅での治療ができる・透析設備不要・活動しながら透析できる)

2.社会復帰が容易になる。

当院ではご利用される方の症状や生活環境等に応じて治療方針をご提案させていただきます。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME