メニュー

閉塞型睡眠時無呼吸症候群について

閉塞型睡眠時無呼吸症候群 bstructive leep pnea yndrome

健常者では覚醒時より咽頭腔が狭くなっても、閉塞することはありません。しかし、OSASの患者は咽頭腔が狭かったり(形態学的因子)、睡眠による呼吸筋の緊張の低下(機能的因子)により、上気道抵抗が増し、呼吸時の陰圧によって、気道が閉塞して無呼吸がおこります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME