メニュー

睡眠時無呼吸外来のご案内

睡眠時無呼吸症候群(SAS)について

こんな症状はありませんか?

 

・大きないびき

 

・日中の眠気

・集中力の低下

 

 

・起床時の頭痛 

 

・頻回な中途覚醒、

 熟睡感がない

これは睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)の特徴的な症状です。

無呼吸状態とは、呼吸が10秒以上停止していることを指し、睡眠時無呼吸症候群とは7時間の睡眠中に30回以上の無呼吸をきたす症例、 または、1時間当たり5回以上の無呼吸をきたす症例のことを言います。

この1時間当たりの回数を無呼吸低呼吸指数(AHI:Apnea Hypopnea Index)といい、重症度を決めるときに使用します。

 

 重症度分類 経症  中等症  重症 

 無呼吸低呼吸指数

(AHI)

 5(10)以上15未満  15以上30未満 30以上 

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の重症患者の多くは機械や自動車等の運転操作に危険を及ぼし、近年SASが原因の居眠りによる交通事故がマスコミでも取り上げられています。

当院ではSASの悩み相談に応じます。その人の症状のヒアリングと簡易検査を行ない。治療方針を決定します。

一度、お気軽に相談してみてください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME