メニュー

院長ブログ

令和四年、明けましておめでとうございます。(2022.01.04更新)

 明けましておめでとうございます。

令和四年の幕が開かれました。 残念な事に、コロナ渦での二回目の年明けとなりました。 国内では少しずつ感染者数が増えているとはいえ、現時点では欧米、その他、諸外国の現状の感染状況と比較すると第六波にはなっておりません。 しかしながら、感染力が非常に強いと言われているオミクロン株の市中感染が日本各地で確認されており、いつ第六波が起こってしまわないとも限らない予断を許さない状態であるのは、間違いないところです。 我々、医療介護に携わる者は、油断する事なく、患者さん、施設入所者さん、利用者さんを守るために、引き続き、強い意志を持って、感染のリスクから我が身を遠ざける事に努力致します。

 私は時折、当院の職員さんに、以下の四通りの人をエライ順に順番をつけるように質問します。

1 自宅は汚いが、職場は綺麗にしている人。

2 自宅も、職場も綺麗にしている人。

3 自宅も、職場も汚い人。

4 自宅は綺麗だが、職場は汚い人。 

皆さん、いかがですか? 色々ご意見があろうかと思いますが、私が思うエライ順は1から4の順番です。

 私は献身という言葉が好きです。 献身とは自分の利益を顧みないで、他者または物事のために自己の力を尽くす事だそうです。 上記の質問の答えは、献身というものを端的に表しているものです。

 献身さは、どのような職業でも必要であるとは思うのですが、医療介護の世界では最も必要なものの一つであるのは間違いありません。 ひと手間をめんどくさがらず、患者さん、施設入所者さん、利用者さんに、丁寧に何かをさせて頂く。同僚が仕事をしやすいように、自分の仕事の手間が多少増えたとしても、丁寧に何かしてあげる。 皆がこのような気持ちを持って、仕事ができれば、きっとより良い医療と介護ができることは疑いないことです。

  偉人、著名人の名言、格言を少々、

「働く」とはハタ(傍)をラク(楽)にすること。     

自己犠牲をいとわない人には、信頼が集まる。

縁を大事にすると、人生はより豊かになる。

                      以上全て、名将 野村克也

 結果を出すための第一歩は一年間、健康で、しっかりと自分の力を出し切るところなんだろうなと思ってます。                       

        スーパースター 大谷翔平

 かっこいい事は言うものではなく、するものだ。

                         詠人知らず

 

 最後となりましたが、令和四年の皆様の益々のご健勝、ご活躍を心より祈念致しております。 

令和四年も、ご指導の程、宜しくお願い申し上げます

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME